2005年10月19日

インド珍道中〜9月4日(コーチン)〜

朝4時に起きて(早っ!!)、6時10分の列車でコーチンへ♪
初インド鉄道!!
車内は意外ときれいで、くつろぎ→爆睡眠い(睡眠)
(数日後、爆睡なんてできなくなるほどのインド鉄道の恐ろしさを知るんだけどね…)

コーチンに着いた途端、変なリキシャの男に付きまとわれる。
うちらはあさっての列車の予約。(私は何もしていない、ゴメン)
今回はスムーズにできた(^O^)
けど、その間もずっとリキシャの男はいるし…。
ホントうっとうしいわ、おまえパンチ

だけども、結局そいつのリキシャで、宿まで行くことに。
なんとそいつのリキシャは、フェラーリ車!
そんな、バカな!怪しすぎるわ!
しかも、フェラーリって…。
お茶目ね黒ハート

泊まった宿は、「地球の歩き方」に載ってた安宿。
のはずなんだけど、2泊ダブルで800ルピー(約2400円)。
なんか高くない?
そしてスタッフ怪しげだし。
しかも、部屋は汚いし、お湯は出ないが、虫が出る(多量)。
出すものおかしいだろむかっ(怒り)

昼食後、ミホちゃんが調子悪いようなので、Yukiさんとおでかけ。
船でフォートコーチンへ!フォーッ!!
船代はなんと2.5ルピー(約7円)!
安っ!!
手こぎでもなく、屋根がないわけでもない、ちゃんとした船だったけどね。
ここで、いろいろ見て回ったんだけど、雨でね雨
びしょびしょになっただよ。
傘を買えば済むことなのに、こんなところでケチって、
「こんなん100均でも買える!」とか言って買わんかったのよ。

偶然にも2年前、ゼミで行った(そん時は入れなかった)”ダッチパレス”を発見!!
壁画とかすごくてよかった。
(明日、この壁画の本当の意味を知るんだけどね…)

いろいろやって、就寝。

が、しかし!!
夜中にYukiさんの、か細い悲鳴で起こされる。
「私の手を虫が走った…」とか、
「枕もとにその虫が走っていったから、見て…」とか、
しまいには、「もういやや、こんなホテルいやや…(なぜか関西弁)」
と今にも泣きそうになるし。
「大丈夫」とか言ってなんとか寝かしつけようとするけど、だめだったわ。
けど、私眠いあるよ。
Yukiさんソーリー、おやすみ☆



☆おまけのインド(夢のコラボレーション篇)☆

blog 001.jpg
なんと、アディダスとプーマの夢のコラボレーションぴかぴか(新しい)
シャネルとグッチのコラボレーション時計もあったよ!
インドのこんなとこも好きなのよ揺れるハート
posted by あかり at 23:11| 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | インド珍道中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

インド珍道中〜9月3日(インド最南端の地へ)〜

8時に4人で朝食。
先生、集合時間早いよ…。
テンションバッド(下向き矢印)
けど、先生の「俺は石田純一に似てる!(真顔)」発言のおかげでテンショングッド(上向き矢印)
その発言以来、私は先生が石田純一にしか見えなくなり、
私の笑いのツボにスイッチが入る!

いい具合にテンションが上がったところで、タクシーをチャーターして、
Yukiさん、ミホちゃんの3人で、インド最南端の地へ!(その地の名前は忘れた)
着くまでは雨が降ってたけど、この地に着いたら快晴なり晴れ
海を見たり、買い物をしたりして過ごす。

で、おなかが空いたうちらはごはんを食べることに!
Yukiさん&私は安さよりも安全性を求めるタイプ。
ミホちゃんは安さを求めるアグレッシブなタイプ。

Yuki&あかりVSミホパンチ
結果、汚そうな食堂へふらふら
そこは、なんとカレーが15ルピー(45円)!!
15ルピーだぜ!どうよこれ!?
けど、これが意外とうまかったんだな♪♪

一通りみたうちらはホテルへ帰る。
そして、インドの服(パンジャミドレス)を買いに出かける。

夜は、ホテルのルーフレストランで4人で食事☆
今日は先生が最後の日なんですよ…。
お酒も入り、先生のおもしろさ全開!!
先生は明日からモルジブなんだって!うらやましいわ〜


☆おまけ☆
この前、夢に先生が出てきました。
それはそれは衝撃的な夢でした。
愛人にしてくれと先生に懇願していた夢でした。
なんちゅう夢だ!!
そして、この夢以来、先生に嫌悪感を抱くように…
なんちゅう身勝手な私だ!!
先生、ごめんね

posted by あかり at 20:34| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | インド珍道中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

インド珍道中〜9月2日(疲労困ぱい)

朝6時の飛行機でトリバンドラム(ケララ州の州都?)へ飛行機
10時ごろホテルRegencyに着く。
さっそく、フロントの女たちに500ルピー(約1500円)ぼったくられるたらーっ(汗)
やってくれるぜ!

このホテルで、Yukiさんの研究テーマつながりのミホちゃんとある大学の先生と合流。
で、ホテルで休まる暇も与えられないまま、疲れた体に喝を入れながら、
先生が気になってたという、外観がきれいなレストランに食事をしに行くことに。
思えばここから、手で食べる生活が始まった手(パー)

食事後、疲れた体にムチを入れながら、先生の知り合いの
CENTER FOR ENVIRONMENT AND DEVELOPMENTというところに行って、話を伺う。
英語だから、何を言ってるかさっぱりわからないし、
移動の疲れから(まだ一度もベットで寝てない)、強力な睡魔に襲われるし、
出されたケーキがまずくて気持ち悪くなるし…
と、最悪な状態バッド(下向き矢印)

そして、また、ホテルで休まる暇もないまま、疲れた体を火であぶりながら、
鉄道のチケットを買いに。
システムがわからず、チケットを手に入れるのに2時間かかるし、
外は雨で、びしょ濡れになるし…。
これまた、最悪な状態バッド(下向き矢印)

そして、ホテルでたった30分休んだ後、疲れてがんばっている私をほめながら、
先生の知り合いのKKさんのお宅にディナーを食べに。
料理はすべて、奥さんの手作りで、かなりうまかった☆
KKさんも奥さんもすごく明るくてすごくいい人で、楽しい時間が過ごせた。
テンション急上昇グッド(上向き矢印)
疲れた私に癒しのパワーが染み込んできたねハートたち(複数ハート)

ホテルに帰った後、Yukiさんと私は速攻寝たのであった。
posted by あかり at 01:16| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | インド珍道中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

インド珍道中〜9月1日(出国)〜

6時に起きて成田空港へ飛行機
恐れていたジンマシンも治まって、一安心(^_^;)
空港について、最後の日本食だ!!
とかいって、どんぶりとかを食べたり、いろいろやってるうちに搭乗時刻に!
うちらは走った!
無事飛行機に乗って、デリー経由でムンバイに到着!

が、しかし…
最悪な形で、インドの地を踏みしめることに…

入国手続を済ませ、ホテルも決め、
1000ルピー(約3000円)を払い、ホテルの送迎車を待つうちら。
すると、アナウンスでうちらの名前が呼ばれてる!
行ってみると、「Go back to Narita!!」って言うだよ…
そして、パスポートの入国許可のスタンプのところに
力強くCANCELEDと押すだよ…
あの時のスタンプを押す音、今でも耳に焼き付いてるさ。
私とYukiさんは訳がわからず、呆然。
けど、本当に日本に帰らなきゃいけないんだと思い、覚悟を決める!
そしたら、それはインド人たちのジョークだったみたいよ。
職員全員がグルになってうちらをだましたな!
キミたち、役者に転職した方がいいんじゃないかい!
お茶目なインド人ども!

でも、日本へ帰れっていうのは冗談だったけど、
ムンバイ空港から出れないっていうのは真実だわさ。
なんか、2都市しか出れない航空券みたいだったから、
デリーとトリバンドラムに行くうちらは、
ムンバイ空港からは出れないということだったのよ。
まあ、とにかくインドにはいれるみたいだからよかったのかな☆

でもでもでも、ここからがまたきつかったのよ。
空港内で一夜を明かすことになったんだけど、ありえないくらいの寒さ!
まさに極寒なのよ雪
紅茶を飲んで体を温めようと試みるけど、失敗…
歩いて温めようとするが、失敗…
何をやっても、芯まで冷え切ったうちらの体はどうにもならなかった。
この日ばかりは、私の脂肪という名のコートも役立たずだよ…

そこで、耐え切れなくなったうちらは
First Classの人たちが使う休憩所みたいなところへ!
ここでもまた、1000ルピーを取られた。
けど、あの寒さに耐えるぐらいなら安いもんさ。
金持ちそうな人たちに混ざりながら、ここで一夜を明かした。

てな感じで、インドに着いた早々、波乱の幕開けですわ。
posted by あかり at 23:57| 🌁| Comment(5) | TrackBack(1) | インド珍道中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

インド珍道中〜8月31日(出発前日)〜

インドでのできごとを今日からちょこちょこ書いていこうかしらね。

この旅は前日が一番激しかったかもしれない。
仕事を終え、帰ってきてインドの支度。
かなり焦って、スーツケースへじゃんじゃん詰め込む。

そして、最終の新幹線に乗るため、電車で名古屋までGO!
が、しかし…
電車が遅れてる(>_<)
パニック。
駅員に間に合うか聞いたら、
「走るしかない!がんばろう!」みたいなことを言われ、
電車を降りたらどうすべきか、地図を使ってレクチャーを受ける。
真剣に聞いた。
覚悟を決めた私は、電車に乗り込み、ドアの前を陣取る。
ドラマ「24」ばりのカウントが始まり、ドアが開いたらスーツケースを片手に猛ダッシュダッシュ(走り出すさま)
なんだか、意外とあっさり乗れたのね。
あの緊張はなんだったんだろう…。
そして、無事に東京のYukiさんの元へ♪

が、しかし…
前々日ぐらいから、突如発症したジンマシンが姿を現す。
気を紛らわしたりして我慢してみたものの、限界が訪れ、
どうにもならず、ついに救急病院へ!
それは、夜中の4時の出来事じゃった。
診察を受け、薬をもらう。
だけども、薬は規定により1回分しかもらえない…。
その上、保険証を持っていなかったので、
治療費1万5千円というありえない金額を支払うことに…
保険証ってすごいんだね★

救急病院にまで付き合ってくれたYukiさん、ホント申し訳、そしてありがとう。
気の毒なことにYukiさんは一睡もしないまま、朝を迎えた。
posted by あかり at 01:24| 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | インド珍道中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。